震災時の連絡方法

MENU

連絡手段はたくさんあるにこした事はない

突然の震災……恋人、家族や友人大切な人の無事が知りたい!真っ先に連絡がとりたいですよね。
携帯電話や家の電話だと、回線が混雑していたり線が切れてしまい繋がらない……といった事態になります。
すぐに駆けつけようにも、仕事の都合や、道の確保など考える事が多すぎます。

 

 

慌てずにまずは、一息ついて落ち着いてください。
そして、落ち着いてから連絡をとる手段を考えましょう。
電話はまず繋がらないと考えてください。

 

 

最初に書いたように、皆同じ事を考えますので必ずといっていいほど混線します。
電話以外にも携帯電話キャリアでのメールも届かなくなることが多いです。
(大晦日〜元日のメールの遅れを考えてみてください。)

 

一番頼りになるのは無線機器ですが、一般の家庭にはないと思います。
震災に備えて、用意するのもいいですがどうしてもお金がかかってしまうものですし
使い方を覚えるのも……という方も多いと思います。
そこで利用するべきなのが、Skypeなどネットを介した通話手段です。
Skypeは元々世界中を繋ぐツールですので、繋がらなくなる確立は極めて低いです。
実際に3月11日の震災時、連絡を取る手段として多くの方が利用されたようです。
パソコンだけでなく、スマートフォン、PSPなどゲーム機器でもインターネットを使える環境であれば、
簡単な設定で使うことができます。
(ゲーム機器で通話する場合は別途マイクなどの用意が必要です)
これならば日常的に使っているものが多く、震災に備えることが出来ると思います。
いつ起こるかわからないものだから、このように事前にどうやって連絡をとるべきかを
話し合っておく必要があるのではないでしょうか。