もし震災にあったら!【募金活動】

MENU

ちっぽけな私に出来る事【募金活動】

2011年3月11日に発生した東日本大震災。被災地から遠く離れた北陸地方に暮らしているものの、その日は自宅でかなり強い揺れを感じました。その後も余震が何度か続きました。今回は幸いにして被災することがなかったものの、もしも大災害にあったときの対応を真剣に考えざるをえませんでした。

 

 

やはり普段からの対応が、いざというときに命を守る鍵になるのではないでしょうか。ごく簡単にできることですが、まず防災袋を自宅に用意することにしました。中には簡易食や懐中電灯、レインコート、飲料水などを詰めてあります。被災生活が長期化した場合、こればかりでは役に立たないかもしれませんが、小さい子供がいるため、少しでも備えがあるかどうかが災害時には大切になってくるはずです。また強い揺れで家具が倒れてこないように、つっかい棒を購入し、取り付けました。これは書棚や食器棚といった大型の家具の天板と自宅の屋根の間にかませるものです。

 

大地震が発生して家具の下敷きになる場合も十分に考えられるので、なんらかの対策が必要かもしれません。

 

人が成すすべも無くただ自然の驚異的な力にねじ伏せられる、
そんな無力感を震災の時に覚えた人は多いのではないでしょうか。
この圧倒的な災害の中で、自分は一体何が出来るというのだろう、
そんな思いで呆然としてしまうこと数日。

 

それでも同じ日本人として、苦しい立場の人を助けたい、
そんな気持ちは沸々と湧いてきます。
身軽に行動出来るなら災害ボランティアとして
少しでも現地で役に立てればと思いますが、
原発事故の影響もあり、現地へ赴く勇気が
どうしても出ませんでした。

 

そんなちっぽけな私が出来る事、
それはやはり資金援助でした。
物資というものはどうしてもだぶついたり
被災者が本当に望んでいるものとは違うことが多々あります。

 

その点、現金というものは何かしら
必ず誰かの役に立てる、そう思っています。
身体を張って助けてくれる、それもとても大切な事ですし
何よりも被災した自分が見捨てられていないという実感は
感じられると思います。

 

しかし被災というものはその一時だけではなく
その後も生活に影響しつづけるものです。
一人は小さな額でも、合わせれば大きな一歩を踏み出せる
何かに役立つのでは、そんな気持ちで
震災に関する募金は続けています。